カテゴリ:カヤック・パックラフト( 84 )
鳥取カヤックツーリング

自転車ロードトリップで鳥取砂丘を見た後は、海から砂丘に上陸しようという事で富浦海岸に行くも

ヒザモモな波が割れておりちょっと出廷は厳しい感じ。

結局そのお隣の大原ビーチより出廷して東側のフィールドを漕いでみました。
b0242839_03561516.jpeg
b0242839_03562630.jpeg
出て1-2キロで岩場がありますが、沖に出ると1mくらいのうねりも入ったり写真をのんびり撮る余裕は無し。

b0242839_03564059.jpeg
更に東側には見所が沢山あったのですが東側はうねりがより大きそうなので諦めて西側へ。
b0242839_03565931.jpeg
b0242839_03570844.jpeg
鳥取砂丘まで3キロほどの岩戸海水浴場にて。

カヤックで波乗りは今までした事なかったけど今回初めて波に乗ってインサイドまで行きました。

5m近くのカヤックで波に乗るのは結構スリリングですが良い経験。まあ遠浅なのでチンしても

問題はなさそうですし。出廷時もモモコシ波をもろに食らって本気でビルジポンプのお世話になりました。

フジタカヌーもあったので無理はせず鳥取砂丘上陸は来年の春に持ち越しです。

西に東にフィールドの雰囲気が全く違うので面白いエリアです。状況が良ければワンウェイで一泊で行くのが良さそうですね。

1日目は足、2日目は腕と全身の筋肉をフルに使った週末。


[PR]
by westylife | 2018-10-16 04:16 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
アルパカラフト エクスプローラー42
b0242839_09434784.jpeg
b0242839_09432130.jpeg
b0242839_09433167.jpeg
アルパカラフトのアルパカ(S)はホワイトウォーターでの安定性、操作性の高さははじめての私にも十分

感じることができました。空気入ってなかった時以外瀬でフリップしたことって思い返しても

無かったかと。

エクスプローラーは長いので操作性は低いですがよほど上流の川でもなければそこそこいけることがわかったのは収穫でした。

そもそも激流は一人では不安があるし、何かあった時自力でカバーできない可能性が高いので、

やはり一人で遊べる事が私には大きい。

子供たちがこんな笑顔してくれるだけでエクスプローラーはもう十分役割を果たしていますねー。





[PR]
by westylife | 2018-09-26 09:55 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
四万十川 パックラフト ツーリング

こいのぼり公園から中半家沈下橋まで。

上流部は瀬もそこそこありソロで楽しむにはちょうど良い環境でした。

あまりハードすぎると不安の方が大きくなってしまうのでバランス良いかも。

[PR]
by westylife | 2018-09-24 07:34 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
仁淀川 パックラフト

[PR]
by westylife | 2018-09-23 02:08 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
海部川 パックラフティング


先日の海部川でのパックラフティング。

解像度はHDでみることをオススメします。

[PR]
by westylife | 2018-09-22 06:54 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
四国トリップ④
4日目朝平野にて。

そろそろ記事書くのも飽きてきたので手短に。

その前にヤフオクにこんなの出てますね。あとこんなのも。即決が低めなのでデリカ無かったら危うく手を出すとこでした。

個人的には前者がおススメですね、個人出品なのでイカサマの可能性が低そうです。

まあ売るってことは何かしらあるんでしょうけど。AT滑ってプラス50万円みておけば安心です。

b0242839_05420542.jpeg
b0242839_05422190.jpeg
有休とってほぼ貸し切りを期待したのですが6時過ぎでも20人くらいいました。

皆さんそこそこの車で来ており一体なんの仕事してるのか?ま、私も人のこと言えませんが。

とりあえず8時過ぎには上がり四万十川へ。

自転車が壊れたので色々考えてみると川沿いに電車が走ってて一人でも回送できることがわかり、四万十川上流へ。

当初は下流の沈下橋はしごしてまったり終わろうかと思ってたのですが電車を使ったので今回は

こいのぼり公園から中半家沈下橋まで12、3キロとちょっと長め。

電車は3時間に一本しか無く10時55分の電車に乗り遅れると全てが終わりなのでミスは許されない感じ。

b0242839_06100096.jpeg
中半家沈下橋の河原雰囲気は良いですが道も狭くスタックしそうなので注意。

今回の川下りは電車に乗れるか、無事下れるか、スタック、EPS熱で剥離しないかと不安だらけ。
b0242839_06101166.jpeg
改札口、一回気付かずスルーしてしまいました。
b0242839_06102244.jpeg
半家(ハゲ)駅から十川駅まで。そういえば昨日お昼にバイキングテレビ見てましたら坂上忍と中条きよし、小林信也って人たち

みんなズラですね。番組に3人もズラが揃うのも珍しい。普通の人よりズラを見極める能力がとても高く2秒でわかります。

b0242839_06103329.jpeg
b0242839_06104894.jpeg
今までは車から引いたエアーポンプで膨らませてましたが今回は純正のバッグにて膨らませたら

半分終わってつなぎ目が壊れる始末。その場では直せず残りの半分は口で。頭クラクラしながらなんとかパンパンになりましたが

新バルブに対応したミニポンプの受けを早く作らないと。

回送にはパタゴニアのブラックホールダッフル90Lを使用しましたがフレームが無いので小さくなり、かつ背負える、パドルもPFDも

全て入るので個人的にはおススメです。

b0242839_06105817.jpeg
b0242839_06110828.jpeg
b0242839_06111833.jpeg
b0242839_06112939.jpeg
b0242839_06114155.jpeg
上流はこれまたソコソコの瀬がいくつかあって油断できません。鮎釣り師もちらほらいて最後まで気が抜けない上流部でしたけどなんとかクリア。

b0242839_06114915.jpeg
不安だった剥離も無く、スタックもせず、自転車のトラブルはありましたがそれ以外はほぼ何事もなく無事に終えることができました。

4日間で3つの川、波乗り6ラウンドは今までない経験。

パックラフトと波乗りは両立できます、それもどちらも最高のコンディションで遊べます。

あとフライフィッシングも出来るのでそれは来年のお楽しみにしよう。



[PR]
by westylife | 2018-09-21 06:42 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
四国トリップ③前編
海部で波乗り後夕方は生見へ。

モモコシでパッとしませんが前日の余韻があるのでリラックス。

高知市に移動するにあたりやっぱり晩御飯はカツオのたたきって事で調べたら9時まで、ダッシュで120キロ走りました。

b0242839_21535989.jpeg
b0242839_21541870.jpeg
b0242839_21544006.jpeg
明神丸でお持ち帰りしようとしましたがお持ち帰りはしていないようで、流石にビールも飲まないのに

この活気の中カツオだけ食べるわけにもいかず他のお店で買って車で食べることに。
b0242839_21550384.jpeg

翌日は仁淀川パックラフト。
b0242839_21552883.jpeg
宮の前公園の奥の支流から。本流は釣り師が多いので禁漁まではこっちの方が良さそうです。

EPSのサーフボードは熱に弱くすぐ剥離してしまうので少しでも日陰に。
b0242839_21555609.jpeg
b0242839_21561455.jpeg
b0242839_21595003.jpeg
b0242839_21564676.jpeg
b0242839_21570839.jpeg
b0242839_21572529.jpeg
b0242839_21575950.jpeg
仁淀川ブルーというだけあって綺麗なエメラルドグリーン?(笑)

ここも増水気味なのか想像よりも瀬が多く油断するとチンしそうでした。
b0242839_21581758.jpeg
片岡沈下橋でゴール。

チンしたら誰も助けてくれません、パックラフトが流されたら携帯もiPadも全て無くなる。

初めてで勝手も分からず全てが不安でした。なのでゴールすると安堵感が半端ないです、リスクは高いけど間違いなく

スキルは上がってると思います。保津川の方が落差はありますがトリッキーさはこちらの方が上かも。

ささーっと撤収して自転車で走ること数分、ペダル回しても急に空回り。

原因分からず結局上りは押して歩くことに。

四万十市の自転車屋さんに見てもらったら後輪のハブが折れたとのこと。

こんなことあるんですねーと自転車屋さんも驚いていました。

サーフボードもパックラフトも壊れなかったのに自転車は想定外。






[PR]
by westylife | 2018-09-20 22:35 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
四国トリップ②前編

2日目徳島某リーフの前で車中泊。前日よりサイズは上がる予報でしたが、起きてみるとものすごいデカイのが沖の方に。

遠目に見てもダブル位ありそうで、先輩は大丈夫って言うんですけど全然大丈夫じゃない感じ。

結構考えないで行っちゃうタイプですがそんな私でもなんとなく理解しました。

先輩たちを見送った後、体がバキバキなのもあって気分変えて以前から行ってみたかった海部川へパックラフティング。

情報があまりないので個人的な備忘録として詳しく書いておきますので行きたい方は参考にどうぞ。

b0242839_17593231.jpeg
皆の瀬という地区に大きな橋がありますのでそこに車を置いて、3-4軒隣の民家の横の階段降りていきます。

b0242839_18084080.jpeg
今回はシールラインの50Lドライバッグに全て突っ込んでチンした場合に備えてボートとバッグはリーシュでつないでみました。

以前調べた時は清流をゆったりという感じでしたが、意外と激しい瀬がいくつかあって危うくチンしそうになることも。

一人なので絶対にチンしたくないという事もあり友達と行く時とは緊張感3倍はありますね。
b0242839_18111601.jpeg
b0242839_18113787.jpeg
b0242839_18115001.jpeg
アルパカラフト エクスプローラー42

ホワイトウォーター向きではないですがそこそこいけますね、ただ横からの波に対しては弱そうなのでそこは波乗りと一緒で

フェイスに合わせてボトムに下れば良いかと。抵抗するからチンするんだと思います。
b0242839_18121158.jpeg
瀬がいくつかありますが写真撮る余裕ないので後ほど動画編集してみます。

ゴール地点は隠れ駐車場があるこんなところ。置いておいた自転車でスタート地点に戻ります。

b0242839_18123239.jpeg
通勤用のミニベロですが川沿いの道路は登りもきつくなくて問題なく帰ってこれました。

台風の影響か増水で透明度はイマイチでしたがとりあえず海部川を漕げたことで十分満足。

サーファーなのに海部河口で波乗りする前に海部川行くところが私らしい。







[PR]
by westylife | 2018-09-20 18:39 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
NAGATORO PACKRAFTING

キャンプ場の端から端までのパックラフティング。

これ以上は危険すぎて諦めました。子供たちは楽しそうですがチンしたらと思うと怖くて。

パックラフトは一人で楽しむものですが今回はまた新しい楽しみ方が見つかったのは大きな収穫です。





[PR]
by westylife | 2018-08-14 03:13 | カヤック・パックラフト | Comments(0)
宮崎 小川 パックラフティング
先日行った宮崎の清流小川にて。

アルパカラフトのエクスプローラー42は重さ3キロ、2人分のPFDの方が重いくらい。

ホワイトウォーターみたいな激しいのは波乗りで十分なので川はまったりで。


あと行きたい川は四国の四万十川、海部川、仁淀川。どこもサーフィンのポイントで有名なところ。

意外と波乗りと川下りは両立できるのか?そんなことしてる人見たことないので

自分でやってみるのもありですが、どこの河口もハードルめちゃ高いらしいので川下りだけでも(笑)


[PR]
by westylife | 2018-07-30 14:14 | カヤック・パックラフト | Comments(0)